秩父の満願の湯でソースカツ重を食べました

秩父の満願の湯でソースカツ重

 秩父の満願の湯というところへ温泉博士の9月号を使って行ってきました。受付を済ませたあと、まだ11時頃でしたがお腹も空いてきたので、一階の大広間に行ってお昼ごはんを食べることにしました。

 大広間の前に自動券売機がありますので、こちらで食券を買ってから大広間へと入ります。一番のオススメメニューは黄金飯1000円のようです。そのほか、ソースカツ重が800円でありました。ソースカツ重と言えば、秩父の名物、わらじカツ丼を想像させます。今回はソースカツ重を食べて見ることにしました。

満願の湯のメニュー

満願の湯のメニュー

 こちらの大広間にはステージが前方についていて、カラオケが出来るようになっています。

 まだ、お昼前だったせいか、カラオケをしている人はいませんでしたが、大音量でBGMとしてカラオケの音楽だけが流されていました。少し五月蠅いので、ステージから最も離れているところに席を確保しました。

大広間のステージ

 席が決まったらテーブルに付いている番号を伝えつつ、食券を係の人に渡します。そして、10分ほどでソースかつ重が運ばれてきました。

ソースかつ重

 お重にはご飯が敷き詰められており、その上に大きめのカツが2つのっています。味が付いているのか否か判らなかったので、まずは「かつ」を食べてみました。すると、ソースの味が口いっぱいに広がりました。ウスターソースのような薄めのソースが衣いっぱいにつけられているようです。また、ご飯にもうっすらとソースがかけられていて、味がついていました。とても美味しいです。

 こちらは、黄金めしになります。

黄金めし
黄金めしの紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました