蒙古タンメン中本で冷し味噌ラーメンと定食

7月中旬、最近、とても暑い日が続いています。この日もお昼に東京では33度を記録していましたが、やはり辛いものが食べたいので、移動中に蒙古タンメン中本の吉祥寺店に寄りました。少し時間は早くて午前11時30分少し過ぎです。店内のカウンター席もまだ空いていました。事前に吉祥寺店の限定メニューをチェックしていたのですが、あまり心躍るようなメニューはこの日はありませんでしたので、定番メニューの冷やし味噌ラーメンを食べることにしました。蒙古タンメン中本では辛さ度最高の10です。北極ですら辛さ度9なので、さらに辛いということになります。

LINEで蒙古タンメン中本を友達登録するとクーポン券がゲットできるのですが、このクーポンで麺大盛にしました。また、ついでに「定食」も注文しました。ご飯と蒙古タンメンの具がセットになったものです。

厨房には4人の店員さんが働いていました。男性2人、女性2人です。女性のうち1人は新人さんなのか、一つ一つ丁寧に男性の店員が調理などを教えていました。

そんなことを観察していると、さっそく定食が運ばれてきました。こちらになります。具をご飯の上からかければ、サイズ小さめの蒙古丼になります。結構、こちらの具は辛いので、ご飯がどんどん進みます。

 

次に冷やし味噌ラーメンがやってきました。こちらが麺です。蒙古タンメン中本の麺はモチモチとしていて辛いスープにもよくあいますのでとても好きです。

そして、こちらがつけ汁になります。具は少なめですが、豚肉やニンニクなどが入っています。

 

冷やし味噌ラーメンと定食の組み合わせは、辛い物好きにとっては黄金の組み合わせです。冷やし味噌ラーメンを食べてから定食を食べると、そんなに凄い辛さは感じずにすみます。口の中で辛さを感じる器官が少し麻痺しているせいかもしれません。定食は辛さ度4ですが、定食から先に食べると結構な辛さを感じますので意外な感じです。

これだけ食べると、本当にお腹がいっぱいになりました。ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました