秩父の武甲鉱泉郷 丸山鉱泉に行きました

旅行

秩父の武甲鉱泉郷 丸山鉱泉

温泉博士の4月号についていた温泉手形を使って、秩父にある丸山鉱泉というところに行って来ました。ここに行くのは今回が始めてになります。

 

 

飯能から国道299号線を使ってひたすら秩父の方へと向かって、横瀬のあたりで、道を曲がります。少しわかりにくいところにあるので、カーナビで案内をしてもらいました。


現地に着いたのは、ちょうどお昼頃です。駐車場は道沿いに数台のクルマをとめるスペースがありましたので、そちらにラフェスタを停めました。

日帰り入浴の受付は坂を降りて行ったところにあります。

日帰り入浴はここから

坂を下りていきます。

坂を下りていきます

こちらが日帰り入浴の建物になります。

丸山鉱泉 日帰り入浴の建物

営業中でした。

丸山鉱泉の日帰り入浴は営業中

こちらの日帰り入浴の受付の前に比較的広い駐車場がありました。

丸山鉱泉 日帰り入浴の駐車場

受け付けで温泉手形を提示して、お風呂へと向かいました。通常は、休前日、休日は大人800円、小学生以下400円となっています。

日帰り入浴の料金

こちらがお風呂場になります。

丸山鉱泉のお風呂場

脱衣所には100円玉が帰ってこないタイプのロッカーがありました。ほかには脱衣カゴが並んでいます。

脱衣所のロッカー

お風呂の方は薬草風呂になっていました。ゲンノショウコ、ヨモギ、マツフジ、ドクダミなど、十種類強の薬草が入っているようです。

薬草風呂の効用

薬草風呂は内湯に一つ、露天風呂にも一つありました。お湯は結構な勢いで注ぎ込まれていましたので、循環式のようです。また、内湯には白湯もひとつありました。洗い場にはシャンプーなどが完備されています。

お風呂からあがったあとは、広間で休みました。

休憩用の広間

今回は少し時間が早かったためか、ほかにお客さんがいなくて、ゆっくりと出来ました。

秩父・元祖薬草風呂の宿 丸山鉱泉旅館公式サイト
秩父・横瀬、静かな森の中の一軒宿、丸山鉱泉旅館。都心から西武鉄道・特急レッドアローで約78分。元祖秩父薬草風呂と地元産食材の素朴なお料理で心身共にリフレッシュ。日帰り入浴も営業中。

秩父の武甲鉱泉郷 丸山鉱泉に行きましたの情報

住所〒368-0072
埼玉県秩父郡横瀬町横瀬1795−1
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント